呼吸管理とラバー

久々にやってきたマゾ。

彼のことは良く覚えている。

自身の欲望に気づきつつも、実行に移すことができずじまいでいたのだが、意を決して私のもとへやってきた。

本人の願望は顔面騎乗で呼吸管理されること。

そして、エナメルに興味があったため、キャットスーツを希望したのだが、これがアダになった。

キャットってファスナーがあるのだよ。

顔騎していると、そのファスナーが顔にしっかりとあたるため、結構長時間になってくると痛いのだ。

願望を実現するも、妄想と現実のギャップを知らされることにもなった甘くも苦い思い出だろう。

 

そんなマゾが数年ぶりにやってきたのだ。

興味の幅は広がり、今はラバーに興味があると。

私のブログから呼吸管理の方法も色々と興味を持ったよう。

そんなところから、まずはビニール袋での呼吸管理を選んだ私。

ビニール袋を顔に被せる。

これだけでは特に問題はないのだが、首もとをしっかり留めてしまうと袋にある空気だけが頼りだ。

何度も何度も呼吸をするたびに、だんだん空気は減り、いつしかビニールが顔にぴったりとつく瞬間がある。

私はそれまで観察しているだけなのだが、ここからが私の楽しみだ。

張り付きだしたビニールは呼吸をするたびに、さらにしっかりと鼻と口を覆う。

ふふ、そろそろね。

そう思っていると、マゾは苦しくてビニールに手を持っていき、ビニールを破ることになる。

私は何をしているのか?

それは苦しくなれば、本来手でビニールを破れることを教えているのだ。

それがわかったら、次は手をグルグルと巻き、指を使えないようにしてやる。

普通はこれでだいたいビニールは破れない。

グルグル巻きにされた手を顔に持って行くが、ビニールは全く破れず、苦しみもがく。

それを私は見たいのに、なんと、このマゾ、結果その使えない手でビニールを破ったのだ。

もちろん、かなり必死になっていたが。

そうなれば、お次は手を後ろで拘束するのみ。

これでもう手は完全に使えまい。

必死でもがくマゾを楽しく見るのみだ。

ぐったりしたマゾをお次はバキュームベッドに放り込む。

今度は身体も動けないのよ?

ぐったりしているから、もがくのもしんどいのではないかしら?(笑)

しかし、ラバーはぎちぎちな感じではないので、マゾをいい具合にぴったりと包み込む。

拘束に喜びを見出すマゾ特有の心地よい拘束感を味わいながら、繰り返し行われるハンドギャグによる呼吸管理。

しかも、ラバーのグローブでのことだから、ラバー好きには堪らないだろう。

これでまたラバーひいては、バキュームベッドのとりこになったマゾの出来上がり。

初めてお会いしてから何度かお問い合わせをもらいながら、やっと会えたね。
距離的にももちろん遠いので、なかなか大変かもしれないし、私とのタイミングもあるとは思うが、またいらっしゃい。
初めての時よりも今回、そしてまた今回よりも次回の方がお前の欲望も曝け出せるはずだから。
ラバーを好きになってくれたのも嬉しいこと。
次回はひょっとしたらラバーの何かを持参しているかもしれないわね?(笑)
楽しみにしています。

楽しい一時をありがとう。

出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




椿専用衣装はコチラから
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


椿専用道具&共有道具
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
↓クリックしてね♪
椿女王 椿色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

椿女王様

フェチ&SMクラブ Fetishi-SM(フェティシズム)

  • 身長 161cm
  • B 92cm(Eカップ)
  • W 62cm
  • H 93cm
  • こぶし周り 23cm
  • こぶしから手首 10cm
  • 肘まで 32cm
  • 23cm

プロフィール詳細

MEDIAメディア