開発と躾け ~専属ペットになりたいマゾ~

乳首は本当に開発されるもの。

それは色々な乳首を見てきた結果、私が実感として思うことだ。

もちろん、中には残念ながらなかなか感じるようにならない乳首もあるとは思うのだが、私がある程度の期間乳首を触り続けた中には感じるようにならない乳首はいない。

乳首はいない

日本語としておかしいわね(笑)

まぁ、そこはさておき、乳首責めです。

好奇心旺盛マゾ

彼はとにかく乳首が感じるが、それはどちらかというと優しいタッチの話。

それで乳首イキするのだから、なかなかの強者だと思うが、そろそろそれ以上のところへ連れていきたいところ。

最近、それをずっと言っているし、少しづつ実行に移しているのだが、今ブログを書こうとして写真を見ていると、割と去年の夏くらいからそうしようとしていたようね、、、

割と長い期間そうするそうすると言いつつ、現在に至るわけか、、、

まぁいいのだ。

していない訳ではない。

ゆっくりと進めているだけのこと。

そう、それは私だけの問題ではなく、そのマゾに合った方法や速度で進めていくのがやはり必要なのだ。

とってつけたように言っているが、それは本当に思うこと。

何もかも、こちらのペースに合わせようとしたところでうまくいくわけがない。

こうして、調教や躾というのは進められていくのだ。

ということで、少しづつ痛いことも差しはさみながら、乳首は育てていこうとしています。

だからの低周波。

低周波は気持ち良く感じる強さから、痛みとしてしか感じられない強さまであるので、なかなかに重宝するお道具だ。

まぁ、一番弱くしても痛がるマゾもいるので、誰にでも合うわけではないので要注意です(笑)

 

このマゾの場合、他にも躾け中のことがある。

それはテンションが上がると、勝手にペニスを触ろうとしてしまうこと。

いつかは自分の意思(いや、私の意思か、、、)で触らないようになればいいのだが、初めはやはりトレーニングが必要。

触りたくとも触れないという状況を強いて、それを覚えさせるのだ。

しかし、それでもこの時はそんな状況でも必死に触ろうとしていたようだ、、、(笑)私が触れるもんなら触ってみなさいよ!と言ったのかもしれないけど(笑)

そう言えば、好奇心旺盛マゾは先日私の専属ペットになりたいと志願してきました。

その時のブログをいつ書けるかわからないので、今少し書きますが、二年間ほぼ決まったペースで通ってくれたうえでの、その気持ちが私はとても嬉しかったのです。

宣誓書というお手紙でそれを私に伝えてきたのだが、所謂女王に対するマゾからのラブレターと言っていいだろう。

これは初めての経験だったので、感動ものでした。

奴隷ではなく、ペット。自らのタイプをきちんと理解しているところもさすが私の専属になりたいというだけある。エライぞ!

そう言えば、今月中にまたお会いできるようだし、そちらも楽しみにしています。

 

楽しい一時をありがとう。

咀嚼物が毎回ご褒美!

出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




椿専用衣装はコチラから
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


椿専用道具&共有道具
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
↓クリックしてね♪
椿女王 椿色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

椿女王様

フェチ&SMクラブ Fetishi-SM(フェティシズム)

  • 身長 161cm
  • B 92cm(Eカップ)
  • W 62cm
  • H 93cm
  • こぶし周り 23cm
  • こぶしから手首 10cm
  • 肘まで 32cm
  • 23cm

プロフィール詳細

MEDIAメディア