フィストで躓く変態ちゃん達へ

フィストは受ける側の力の抜きようがカギの一つ。

だけど、この『力を抜く』が難しいよう。

私の経験値でいくと、

四つん這いは『力を抜く』をできてないタイプにとってはさらにできない体勢。

きっと床に手足をついていることにより、力が入っているのだろうね。

だから、そういう場合は、上半身(顔と肩って感じかな)を床つける感じにしてみて。

手をつかないスタイルね。

そうすると、力が自然に抜けてくる。

 

それでもダメなタイプはやはり仰向け。

これも脚を曲げた状態だと、床に足がついてるから力を入れてしまう。

となると、写真のように上げる感じ。

そうすると、力は入りにくくなるのよね。

 

でも、結局『痛い』と思うともうダメ。

力が入っちゃう、、、、

 

ということは、この先どうすればいいの??ってなるよね。

 

そもそも受け手側の力を抜くができても、責め側の入れ方が下手くそだとこれまた一緒。

痛いし、入らない。

だから、まずは気持ちいいと思わせるのが先決なのは当たり前の話。

 

そうそう、この『気持ちいい』というのは別にアナルに限った話ではなく、相手が気持ちいい~と思うことはなんでもいいの。

とにかく、簡単に言うと『あぁ~ん』って感じになると勝手に力は抜けるし、抜けやすくなるってこと(笑)

 

そんな状態で上手に入れてあげれば、もうイチコロ(笑)

ナニコレ?

こんなに気持ちいいんだっけ

とか、

今まで入らなかったのに入った!!しかも痛くない!!

とか

とにかく相手は驚きとともに感動すら覚え(笑)、もうこの人大好き!ってなる寸法。

 

そうなったらこっちのもの。

色んなことができるようになっちゃうのよね~(笑)

もっと変態になりたい!

とか

この人がするって言ってるから、それはやる!

とか

まぁそんな風になってくるのだろうと思われる。

そしてその先に、本来興味のなかったことや、それは好きじゃないと思っていたことまで受け入れてしまうかもしれない可能性が出てくるってわけ。

 

これはSM的流れの一つだと思うのだけど、フィストで躓くコ(受け側も責め側もね)が結構いると思うので、ちょっと責め側サイドからの話を書いてみました。

どうも私のブログは責め手さんや女王様方(お外でお会いした時に『ブログ読んでます』とか言われるし)にも読んでいただけているようなので、そんなことわかってるわと言われてしまうかもしれないけれど、ヒントになればと思います。

 

 

と言いつつ、このブログの写真のTNもきっと納得じゃない?

フィストは入れど、痛いと思ってきたお前だもの。

痛くないし、ナンダコレ?と思ったでしょう?(笑)

 

この写真のランジェリーも彼からのプレゼント。

ありがとね!

これ、見てるより着た方が断然いいなと思うものでした。

 

出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




椿専用衣装はコチラから
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


椿専用道具&共有道具
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
↓クリックしてね♪
椿女王 椿色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

椿女王様

フェチ&SMクラブ Fetishi-SM(フェティシズム)

  • 身長 161cm
  • B 92cm(Eカップ)
  • W 62cm
  • H 93cm
  • こぶし周り 23cm
  • こぶしから手首 10cm
  • 肘まで 32cm
  • 23cm

プロフィール詳細

MEDIAメディア