マゾの感覚と私の観察 ~拘束と呼吸管理~

拘束されたうえでの呼吸管理はなかなかヘビーなはずだ。

しかし、そこにこそ、本当に逃れられない苦しさが待っている。

マゾにとっては恐怖と興奮が相まってやってくるのだろうか?

それとも、興奮だけなの?

なぜそんなことに興奮するのか、私には全くわからないのだが、実際マゾは私に苦しめられもがいているのに、そこを膨らませ興奮していることは明らかなのだ。

不思議だなぁと思い見ている私だが、実際私は私で呼吸を管理することで、マゾを支配し、興奮しているのだから、それもおかしなことなのかもしれない。

拘束したうえで呼吸を管理するということは容易いものだ。

相手は特に手の自由を奪われることにより、苦しさから逃れることはできない。

私はそっと何かを被せたり、または手をちょっと添えるだけで、相手の呼吸を奪うことができるのだ。

だんだん苦しくなり、もがきだすマゾを後は観察するのみ。

とても地味。

しかし、苦しくなりつつある時も、もう本当に無理だともがく姿も、どれも私を喜ばせる。

私とマゾだけにわかるこの遊び。

そう、遊びなのだ。

しかし、一歩間違えるととても危険な行為であるということが、私を、そしてマゾを興奮させるのかもしれない。

私のもとへ何度目かでやってきたこのマゾは拘束されて、そして呼吸を奪われ管理されることが大好きな典型的なマゾ。

マミフィケーションが定番なのだが、たまにはちょっと変化があってもいい。

呼吸を奪われる苦しさを増してやろうと、布団で包み動かないようにしてみる。

暑さが苦しさを増してくれることを楽しみに、少しずつ呼吸を奪う。

まずは私の手のぬくもりを感じながら、呼吸がしにくいという状態。

すぐに完全に奪ったりはしないわよ。

そんなのはつまらないの。

呼吸はできる。

しかし、いつもより深く吸い込まなければ呼吸は厳しい。

それがいいの。

そこへビニールを置いてみよう。

置くだけならそんなに苦しくはないのではない?

しかし、案外苦しんでいるようだ。

ダメよ、そんなに簡単に苦しんじゃうなんて。

濡れた手ぬぐいも置いてみよう。

本当に濡れてると苦しくなるのかしら?

じっと見ているが、意外と大丈夫そうなので、多少の苛立ちを覚えながら、さらにビニールを。

そんな色々をしている時に、ふと気になり、包んだ布団を少しめくってみると、あぁやっぱり変態マゾだという印がそこにある。

お前は本当に恥ずかしいわね。

こんなことをされているのに、そんなに膨らませて。

それならば、これはどぉ?

ある意味、もっと恐怖を味わわせてやろう。

手は動くのに、使えない恐怖を知りなさい。

散々遊んだので、お前の大好きな芋虫にもしてあげる。

頑張ったご褒美よ。

今回もたっぷりと呼吸管理をメインにプレイできましたね。

また機会があればいらっしゃい。

次はまた違うタイプのものも取り入れてみましょう。

楽しいひと時をありがとう。

出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




椿専用衣装はコチラから
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


椿専用道具&共有道具
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
↓クリックしてね♪
椿女王 椿色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

椿女王様

フェチ&SMクラブ Fetishi-SM(フェティシズム)

  • 身長 161cm
  • B 92cm(Eカップ)
  • W 62cm
  • H 93cm
  • こぶし周り 23cm
  • こぶしから手首 10cm
  • 肘まで 32cm
  • 23cm

プロフィール詳細

MEDIAメディア