緊縛は目的なのか、手段なのか

緊縛好きのマゾは大勢いる。

SMクラブに来るM男ちゃんの中にも緊縛好きは結構いるし。

そもそも緊縛というものに慣れ親しんでいない限り、我々はなかなか緊縛好きマゾにお目にかかることはない。

私自身は縄をしよう、できるようになろう!と割と積極的に思ってきたタイプなので、そんなマゾ達に対して縄ができない頃から巡り合えてきたけれど、そういう意思を見せない限り、縄好きマゾとはなかなか出会えないのがSMクラブの実際のところだ。

 

そしてクラブ以外のSMバーであったり、所謂縄会等に行くと、それはそれは縄好き達がたくさん集まり、縄をかけ、かけられ、が繰り広げられる。

しかし、ここで思うこと。

ここに集まる人々は『緊縛』をどう受け止めているのか?

それは単にSMの一手段なのか、それともそれ自体が目的なのか。

これは人によって様々だ。

とある縄会で、先ほどまで縄をかけられていたM女ちゃんが、縛り手さんと会話をしていた時に

『ところで〇〇さんはSMも好きなんですか?』

そんな発言をした。

耳にした時に私はぎょっとした。

そもそもバリバリのSMプレイヤーであるその方になんという質問を。しかもこんなことをした後にそれを聞くってどうなってんの?

そう思ったのだ。

だけど、それほどに所謂『緊縛』というものは、SMの中から飛び出し、一人歩きをしている一ジャンルでもあるってこと。

 

綺麗に縛られた自分が好き。

なんか、縛られてる時って気持ちいい。

 

そんな感覚で『責められている』という感覚が一切ない人々も存在するのだ。

そういう人々にとって緊縛は『目的』であり、それ以上でもそれ以下でもない。

緊縛以外に何も求めていない(のだろう)。

 

しかし、私にとって緊縛は『目的』ではなく、『手段』だ。

そもそもSMのプレイヤーである私にとって行為とは『目的』ではなく『手段』だから、その行為自体に重きを置くのではなく、その時々に応じて何をするのか?は変化していくものだと常々言い続けているのだが、緊縛も当然のそのうちの一つ。

 

かといって、縄は技術も必要だし、細心の注意も必要となるので、軽く考えては決してないし、それを『手段』の一つとして使えるように私はひたすら練習する。

 

そして緊縛はどこまでいっても『責め』なのだ。

なんとなくとか、綺麗とか、そんなことはどうでもいい。

縄による何かしらの『責め』ができなければ、私にとって全く『一手段』となってはいないのだから。

 

もちろん、縄会等にお邪魔した際に縛って欲しいとお願いされればその人にできるだけ沿った形で縛らなければならない場合もあり、そして責め縄に興味のない人々のことを否定する気もさらさらない。

私のポジション上、そんな需要にもお応えできるようにならねばとも思っています(笑)

ただ、つまんないなぁと私なんかは思っちゃうわけです(笑)

 

そして、二人っきりで縄をしようとなるケースにおいて時折耳にするのは、縄だけのつもりだったのに違うこともされた、とか嫌だったのに挿入されてしまったとかいう話だ。

いや、もちろん相手としっかりお話をして、きちんとルールを確認してからそういうことをしなきゃと思うのだけど、正直なところ、そんなことしたら興奮するし、責め手(もしくは縛り手)側が男性ならしたくなっちゃうよね?(笑)

私が男なら確実にそうだけど?(笑)

残念ながら私にはそういったものがついていないので、そんなことにはなりませんが、当然、縛れば他のこともしたくなる。

もちろん、場所をわきまえているつもりなので、そういった他者の目に触れる場所ではしませんが(笑)

だから、本来の形で言うなら私は男だろうが女だろうが、最終的には全てをひんむいた全裸で縛り上げ、何かをしてやろうと思っているわけです。

どうやっても自らの意志で閉じることができないソコのことをひたすら言い続けるだけでも楽しい。

じわじわとマゾのソコが変化していく様はそれはそれは楽しいもの。

そんなことを言われながら、時折漏れ出す声もいいよね。

じっくりとそういう状態を続け、そっと指先で肌をなぞる。

その時のマゾったらない。

感覚が普段の何倍にも膨れ上がっているせいか、少しのことでも感じまくるのだ。

さらに恥ずかしいところが丸見えになるようにし、またねちねちと弄ぶ。

着衣の緊縛も楽しいけれど、やはり裸が一番。

乳首に何かをつけてやったり、性器を責め込んでもいい。

猿轡や呼吸管理も楽しいし、打具で叩いて反応を見るのもこれまた一興。

そんな楽しい遊びを堪能するために、私はこれからも日々縄と向き合っていきたい。

もちろん、『手段』として縄自体のかけ方等で責めたい私だから、そういった他のことをしなくとも縄という手段だけで責め込む術をこれからも学び、研究し、自分のものとしていきたいと思う。

 

写真はめすわんこ。

色々お道具つけたり、差したりしている写真撮ってなかったようです(笑)

出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




椿専用衣装はコチラから
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


椿専用道具&共有道具
http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
↓クリックしてね♪
椿女王 椿色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

椿女王様

フェチ&SMクラブ Fetishi-SM(フェティシズム)

  • 身長 161cm
  • B 92cm(Eカップ)
  • W 62cm
  • H 93cm
  • こぶし周り 23cm
  • こぶしから手首 10cm
  • 肘まで 32cm
  • 23cm

プロフィール詳細

MEDIAメディア